医療・介護・福祉従業者のための「失語症の方の就労支援・定着支援」勉強会を開催

脳卒中(脳梗塞-脳出血)・身体障害・高次脳機能障害に特化した

就労移行支援事業所「リハス」では、医療、介護、福祉従業者向け勉強会「失語症の方の就労支援・定着支援」をオンラインで開催します。

失語をお持ちの方々にとっては、ご自分の思いをうまく言葉で伝えられない相手の言っていることがよくわからない、という困難さを抱えながら生活しています。また、まわりで支援する方々は、どのように支援したらよいのかわからない、むずかしい、とお感じになるケースも少なくありません。

脳卒中・身体障害専門就労支援センター「リハス」では、本年(2022年)10月末までに、56名の就労を実現してきました。

リハスの訓練では「できるかどうか」「スキルがあるかないか」という視点ではなく、うまくいかないことをどう工夫して代償手段を獲得するのか、どのようにご本人の強みを生かしていくかを評価し、一緒に考えながら、ご本人の強みや特性と企業様とのマッチングを図っていきます。

その実績を踏まえ、今回は2名の方の事例を紹介いたします。

脳卒中などの病気を発症し、多様な障害を持たれた方から「働きたい・社会復帰したい」と相談を受けた時、支援する側が「難しいのではないか」と決めてしまうことなく、当事者と「一緒にチャレンジしてほしい」と、リハスは願っています。

当事者の社会復帰への思いを、支援する側が諦めたり妥協するのではなく、サービス提供の幅を広げることで、ご本人の社会復帰への支援を行う。その先に、ご本人の望む真のQOLを高める支援が実現すると、私たちは考えています。

この勉強会が、医療施設や在宅の現場でサービスを提供している方々へのロールモデルとなることを願っています。

【テーマ】

「失語症の方の就労支援・定着支援」~2名の事例紹介~

【開催概要】

日時:2022年11月25日(金)

   第一部 16:00~17:00

   第二部 18:30~19:30

   ※一部・二部ともにほとんど同一内容のため、ご都合の良い部にご参加ください。

会場:オンライン(Zoom)

内容:

◇障害福祉サービス(就労系)について

三塚 理記 (「リハス」大塚 支援員)

◇強みを生かして就労につながった40代男性 失語症の事例

大橋 綾菜 (「リハス」大塚 サービス管理責任者・理学療法士)

◇40代で失語症の後遺症を抱えた方の就労支援

林 智子 (「リハス」丸の内 センター長)

◇サービスご利用までの流れ

菅 博貴 (「リハス」金沢 センター長・理学療法士) 

対象者:ケアマネジャー、相談支援専門員、医療ソーシャルワーカー、リハビリ職〈PT、OT、ST〉、看護師、医師など

【お申込み】

【11月25日開催】就労支援センター「リハス」勉強会申し込みアンケート

リハスをご利用になった方の事例も公開しております。
ご利用者様の声のページをご覧ください。

【勉強会についてのお問合せ】

「リハス」金沢

TEL: 076-225-8468

FAX: 076-225-8478

メール:r_shioura@k-qol.com

この記事を書いた人

リハス