ご利用者様の声

              

ご利用者様の声

ご利用者様の声

ご利用者様の声

就労支援センターリハスをご利用いただいた皆様の声をご紹介しています。

約9年の在宅生活を経て在宅勤務をスタート

利用初期は電動車いすの自分が働くイメージは20%程度でした。車椅子は天候によって外出できない時があるので、リハスに通所しながら通所が困難な雨天時のみ「在宅就労訓練」を行いました。リハスの訓練を通じて段々と、自分が「はたらく」イメージが具体的になっていきました。今は在宅で働いています。もっと読む

Mさん(脳出血・右片麻痺・電動車いす使用)

復職支援でリハスを利用。みんなで頑張ることが励みになった

当初は自力で復職する予定でしたが、会社に障害状況を説明することや、通勤にたいして不安を感じていたため、リハスを利用しました。リハスには身体障害や後遺症を持った方が沢山います。同じ悩みを共有して、同じ目標に向かっていける。利用者さんの姿を見ているだけでも励みになります。っと読む

Oさん(脳出血・左片麻痺)

発症から約1年で就職。リハスは羽ばたけるきっかけの場所

転職して新しい職場で働き始めて約1ヵ月経った頃、私は脳出血になりました。発症後はやむを得ず退職しました。仕事をするなんて怖い、不安の気持ちが強いかもしれません。リハスの利用者は、急に健常者でなくなった喪失感を体験した方が大半です。だからこそ同じ目的を持つ仲間との出会いが力になります。

Kさん(くも膜下出血・複視、嚥下障害)

社会との交わりを求めてリハスをスタート。今では外出する機会も増えました

身体に障害がある者にとって、外出はもちろんですが、人込み・段差・悪天候時などに不安や不便さを感じます。リハスは自宅前まで送迎があるので、不安がなくスタートできました。とにかく焦らずじっくりと、2年間かけて何かできることを探していこうと思っています。私にとって、社会との交わりの一つがリハスなのです。

M.Hさん(脳内出血)